展示会のご案内

梅雨なのにまるで夏のような日が続いてますが、
今年は空っ梅雨で終わってしまうのでしょうか?

梅雨と言えば木工をやっている者からすると非常に厄介な時期なんです。

一年を通してその季節の乾燥度によって木の動き方も変わってくるのですが、
特に梅雨は木が湿気を吸い込み膨れ上がったり、逆に真冬は乾燥して縮んだりするので、
製作する時期としては今は非常に神経質にならなければならないのです。

一番良いのは乾燥度が比較的安定している春、秋に作るのが理想ですが、
なかなかそうも言ってられないので工夫して作業するしかないです。

そんな中、スリーバーズのオリジナルプロダクトを一点製作しました。

実はもう始まっているのですが、立川の昭和記念公園内にある展示スペースにての
作品展示に合わせてのものになります。


展示コンセプトは (いろんな花器展) ですが、
私は展示の為の什器提供及び空間コーディネート、
と言う名目で在庫のヴィンテージ家具とオリジナル家具を展示しております。

展示する作家は全部で4人。

銅を用いたアートやクラフト作品を作る石川雅人さん。

(WAQWAQ)として手縫いの革アイテム制作をする会田菜緒さん。

吹きガラスの技法により色鮮やかな作品を制作するやまだみなこ(私の妻です。)

と、私Three Birdsの4人が集まっての作品展示になります。


展示スペースの一角です。

イギリス60’sのアーコール社製家具を中心に
Three Birdsオリジナルプロダクトを交え空間をまとめました。

3人の作家さんの作品も非常にクオリティーが高く、
全く違う素材なのにしっくりと空間になじみつつ、
各々の個性を引き立て合う、とても気持ちの良い展示になったと自負しております。

今回は所謂アートギャラリーではなく、公共施設の一角のスペースを
使っての展示になりますので、公園の景観やスペースの広さも功を奏して
ちょっと予想外な展開になったのも面白かったです。

是非!近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。

※公共施設の為展示品はその場で販売することはできませんが、
各作家の連絡先の名刺等を置いておりますので、
誠にお手数ですが後日作家までご連絡を頂ければ幸いです。

因みに今回私が作ったのはダイニングチェアー。


素材はブラックウオルナットを贅沢に使用。

既存のオリジナル製品に加えて、こちらも是非ご覧頂きたいです。

展示期間はさすが公共施設。6月8日から7月15日(月)というロングスパン。

時間は9:30〜17:00まで。

国営昭和記念公園 花みどり文化センター ギャラリー2 

もちろん観覧無料です。


公園も晴れていると実に気持ちE!

タイミングが合えば作家が在廊している時もあります。

皆様方のお越しを心よりお待ち申し上げております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM