テーブルリメイク

ご無沙汰のThree Birdsです。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

夏頃からにわかに忙しくなり、気付けば年を越し、新年になってました。
光陰矢のごとし。まさに。

このブログを始め、ホームページなど色々とやらなければならない事は沢山あるけど
なかなかそこまで手を回せないのが現状です。
自分があともう一人いればいいのに、と本気で思います。

今までやったリメイクやオリジナル家具、オーダー家具などの画像が溜まってきたので
ちょっとづつ紹介させてくださいな。
(せっかく作った家具の写真を撮らず発送してしまうという失態も何度かしてますが。。。
納期が迫るとたいがいテンパってるので写真まで気が回らないんです。)

今回はリメイクのテーブル天板です。
昨年の9月頃にやったものです。。。

table remake 1

スチールの脚のみを生かして、天板を新たに作り変えたものです。
材料はタモ柾目。板厚は60mm!熱い!いや、厚い!

table remake 1

実は昨年の秋頃に機械を導入しまして。
それ以前までは引退した大工さんから貰った万能機(手押し鉋と自動鉋が一緒になったやつ)
を使っていたのですが、それではしっかりとした精度が出ないので
ピシっと仕上がる手押しと自動を別々で買ったのです。

今の僕には結構高価なものなので、買うまでの決心がなかなかつかなかったのですが、
今となればこの機械達がなければ出来ない仕事ばかりで、かなりの頻度で使ってます。
まあ家具屋なのでこの機械があって当然ではありますが。

今回の天板も勿論その機械を使っての作業です。
200mm幅位の材料を四枚接ぎしたのですが、なかなかの精度で接げてます。

形はシンプルな四角で、とにかく板厚があり、木材が強調されたものを、
というお客さんのリクエストでしたので、製材以外はエッジを鉋で一発撫でたくらいで
仕上げはオイルで木の風合いまんま、といった感じで仕上げました。

板!というのを強調するデザインの為、天板下に反り止め(木は必ず反ったり暴れたりするので、
絶対に反り止め加工を施します。)の部材を取り付けたくなかったのでこんな感じにしてみました。



手前の金物が脚で、その下の金物が反り止めです。
この反り止めはただの鉄板ではなく、L字の鋼材を2本溶接してT字にしたものを
天板に嵌め込んでいます。
今回はこの反り止めがミソですねえ。
勿論止まっているビスは木の伸縮を考慮してビス穴に数ミリ余裕を持たせて開けてマス。

table remake 1

実はお客さんは僕の友達です。
シンコンさんで、新居に持っていきました。

さて、そろそろ現場復帰致します。
ひと段落が見えてきません。
勿論喜びのボヤキです。

オーダーや修理、リメイクのご依頼、ご相談は下の電話もしくはメールまで!
-------------------------------------------
Three Birds 山田俊太
〒187-0032
東都小平市小川町1−2406倉庫B
TEL : 042−345−0169
FAX : 042−312−1232
E-mail : info@three-birds.net
URL : http://three-birds.net
-------------------------------------------

JUGEMテーマ:Three Birdsの家具制作
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM