家具のキズ修復

JUGEMテーマ:Three Birdsの家具修理 

ブログが随分ごぶさた・・・。イカン遺憾!

というわけで今回は家具修理についてです。

修理前

デンマーク製ミニキャビネットのミツケ部分です。
家具のエッジ部は特に傷付きやすく、この家具も
傷だらけです。

家具修理前

こんな凹みも良くあります。

家具修理前

天板がタイル貼りになってます。
マスキングテープを貼って養生。

上記にあるようなキズ凹みはアイロンで持ち上げます。
アイロンは家庭用のものを使用します。
キズ部分にたっぷり水を含ませた雑巾をあてがって
高温になったアイロンをジュ〜っと当てて10秒くらい。
当てすぎると木が焼けてしまいますので注意!

すると木の表面が持ち上がってある程度フラットになります。
木の表面が乾いたら手でペーパーがけします。
#180〜240位を使用。

木地が整ったらステイン(スリーバーズではオイルステインを使用)
を他の場所の色と合わせて着色していきます。

ステインが乾いたらオイルで仕上げ。
スチールウールで表面を擦りながら入れていきます。

家具修理後

家具修理後

キズ、凹みも跡形なくきれいになってます。

家具修理後

これで完成!
今回はミツケ部分以外は状態が良かったので
塗料剥離はせずに済んだので
全部で2時間位で仕上がりました。

ただこのように比較的状態の良い家具ばかりではないのが現状。
日本の古道具は比較にならないくらい状態は良くないです。
まあ直しがいがあるということではありますが。
状態の悪いもの程修理後のイメージはがらっと変わります。

因にこの家具は商品ではなく自宅用のものです。すいません・・・。
キズ凹みが分かりやすい症状だった為
せっかくということでアップしました。

家具修理についてのご相談やご依頼、
また商品については

http://yellow.candybox.to/three-birds/postmail/postmail.php

もしくは

info@three-birds.net

までお願いします。

Shunta

---------------------------------------
TEL/FAX : 042-345-0169  
MAIL : info@three-birds.net
東京都小平市小川町1-2406倉庫-B
open : 11:00〜20:00
closed on : Tuesday&Wednesday

※お越しの際はお手数ですがご一報下さい。
---------------------------------------


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM