工房改装vol.4

three birds factory

ステインです。
ステインとは木材を着色する時に使用する液体で、
日本製、海外製、油性、水性など多種多様です。

以前UK、北欧60’家具のお店で働いていた時は
イギリス製のステインを使ってましたが、
今回は日本製のステインを試してみることに。

three birds factory

着色後にウレタン塗装したもの。
この木材達が扉になります。

日本製のステインは海外製のものと比べて
正直発色があまり良くないなあという印象だけど、
海外製と合わせてうまく使っていければ面白くなるんじゃないでしょうか。

three birds factory

鑿。
良いもの悪いもの混ざってるけど、
どちらにせよ砥ぎが悪けりゃ切れないわけで。
今は機械の性能が良いので、それなりにお金を出して揃えれば
ほとんどの木工造作はできますが、
やはり最後の微調整は手加工に頼らざるを得ません。

木工の世界は一筋縄に覚えきれるモンじゃあございやせん。
ストイックに勉強してくしかなさそうだの。
 
と言いつつ、たまにはビール呑みながらぼちぼちと。

Shunta



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM