旋盤による修理

前回の投稿からまたもやだいぶ時間が経ってしまいました。
先月までは自宅の引越しなどが重なりてんやわんやでした。

半年位前の修理ですが、今まで旋盤制作の投稿はしていなかったので
今回は破損したチェアの脚の再制作のお話です。



イギリス60’s、G-planのチーク製チェアの脚です。

ホゾとダボがある接合部がバッキリと破損しています。
こうなってしまうとこの脚を生かしての修理は強度上難しくなります。

ですので今回は脚そのものを作り変えることと相成りました。



旋盤機にセットし、挽き終わった状態です。

ホゾやダボ穴等は旋盤を挽いてからだと制作できない為
部材が水平垂直が出ている製材した直後に予め作っときます。
オリジナルの角度や寸法を出すのは中々難儀しました。

画像で見えるかと思いますが、ホゾ穴等剥き出しの状態で旋盤を挽いてしまうと穴が破損してしまうので
こちらも予め穴に緩めに木っ端を詰めておきます。

旋盤作業自体はさほど難しいものではなく、
刃物を当ててシャカシャカと削っていくだけなのですが、
注意すべき点としては削りすぎる事ぐらいでしょうか。
あと刃物が回転中の材料に噛んでキックバックする可能性もありますので
メガネはしといた方が無難です。
まあよほど変な角度で無理矢理刃物当てない限りはまずありませんが。



塗装されていない部材が今回制作したものです。
お客様によると、十字状の抜きに脚を掛けてしまいその荷重により折れてしまったそうです。



で、塗装をして完成の図、です。

旋盤は複雑な形状で無い限り比較的誰にでも簡単にできる作業ですので
ホビーでやられてる方も多いそうです。

確かに、四角い形から丸く削られ全く別の形状が現れる様子は面白いものです。

アメリカ等欧米では木工旋盤は特に盛んで、
たまに旋盤やってる海外のサイトを覗いてみると
信じられないくらい複雑なモノ作ってる方がいます。

今年は家具の制作より修理やリメイクが非常に多いのですが、
これも時代の流れなのでしょうか。

永く大切に使っていくと言う傾向は大歓迎です。
もっともっとここ日本でも根付いていけば良いなと感じてます。

が、そろそろボリュームのある家具を制作したくなってきた事もありつつ、
今秋はやりがいのある家具製作の依頼があれば良いなと思うこの頃であります。

------------------------------------------------------------------------
Three Birds 山田俊太
〒187-0032
東京都小平市小川町1−2406倉庫B
TEL : 042−345−0169
FAX : 042−403−9532
E-mail : info@three-birds.net
URL : http://three-birds.net (リペア、リメイクサイト)
URL : http://www.threebirds.jp/ (家具販売、オーダーメードサイト)
------------------------------------------------------------------------
Three Birdsの家具修理

repair of a vintage furniture

東京では穏やかな秋空が広がっており、
ここThree Birds工房もゆったりと作業をしている日々です。

しかしながら台風による浸水被害や土砂災害、つい先日には御嶽山の噴火等
最近の日本を取り巻く天候は全く穏やかではありません。

恐らく大規模な気象、地殻変動が訪れている時期に差し掛かっているのでしょう。

関東、東海地方の地震の事もありますし、
常に準備をしておかなければと
ニュースを見るたびに気を引き締め直しています。

さてさて、今回はイギリス、アーコール社の修理について、
さらにはヴィンテージ、アンティーク品の修理について
思う所を書いていこうかと思います。



これはアーコールのネストテーブルですが、
天板の接ぎ部が劣化し接着が切れてしまっている状態です。

この場合は接ぎの断面を鉋でフラットにし再接着をするのですが、
フラットにする作業時に削り過ぎると形そのものが崩れてしまうため
できる限り切削作業を抑えつつ、精度を出す事が重要です。



削り完了。

次に接着作業に入るのですが、天板の形状はラウンドしているため
そのままでは圧着工具を掛ける事ができないので合板で治具を作り、
しっかりと圧着できるように準備します。



この様な感じで圧着、固定します。

接着できたら塗装修理に入ります。

実は写真の状態では剥離、サンディング後になり、
エルム(楡)材の生地が出ていますが
元は焦げ茶の塗装が掛かっているものでした。

アーコールの濃い塗装のものは、
基本的には完全に剥がせばナチュラル色での再塗装も可能ですが、
モノによっては塗装が生地に深く浸透してしまい
サンディングを掛けてもシミのように残ってしまう事があります。

そればかりはやってみないと分かりませんので、
アーコールに限らず濃い塗装の家具全般、
ナチュラル色に再塗装をお考えの場合は注意が必要です。



上が無塗装状態で、下二つがシェラックニスを2〜3発掛けた状態です。
このテーブルは目立つ程のシミは残りませんでした。



トップコートのラッカーを入れ完成した状態です。

次にアーコールチェアの修理についてです。

アーコールのチェアの構造は丸ホゾにクサビを打ち込んで固定しています。
ですので、単純にホゾ部を補修してボンド圧着固定だけでは本来の強度は得られない為
クサビの打ち直しが必要となります。
それ故、一般的なホゾもしくはダボ構造のチェアの補修よりも手間が掛かる構造です。



まずはこのようにバラバラに解体します。



クサビはこのように再制作します。



クサビ打ち込み後です。
しっかりとクサビが効いて初めて本来の強度が復活します。

アーコールの修理についてでした。

先述で再塗装について少し触れましたが、
引き続き古い家具の塗装修理について私なりの見解を書こうかと思います。

今日の日本においてのヴィンテージ、アンティークの塗装修理は
サンディングまで施した完全な塗り替えの塗装方法か、
もしくは塗膜剥離、木地調整作業無しでワックス、オイルがけのみの方法が主流になっております。

どちらも長所、短所はありますが、
サンディングまで掛ければコンディションの良い家具であれば
新品に近い状態まで持っていく事が可能です。

逆に木地調整無しでワックス、オイルを上塗りする方法であれば
経年による表情をそのままに残す事ができます。

但し、短所としてサンディングしてしまうと経年の表情全てを削り落としてしまう点があります。
それは、ヴィンテージ、アンティークとしての価値を根こそぎ落としてしまうと言う意味になります。

また、突き板(無垢材を0.25mm〜0.4mm程度に薄くスライスしたものを合板に貼り合わせた材料)を
使用した家具にサンディングを掛けると当然突き板は更に薄くなってしまいますので、
その後の塗装修理は一層難しくなります。

また、削り落とす事によりオリジナルの形状は必ず甘くなります。
フォルムを考え抜かれて作られたデザイナーものなどは、形状の変化は特に致命傷になります。

家具の歴史が永いイギリスなどでは、古い家具の塗装修復方法で
サンディングを選択する事はまず無いそうです。

では、剥離、サンディング作業をせずメンテナンスワックス等を
塗膜上から塗って終わりにすれば良いかと言うと、単純にそうとも言い切れません。

そもそも何故木材に塗装を施すかと言うと
見た目の美しさを引き出す事は勿論の事、木材の劣化を防ぐためにするものです。
木材の劣化進行を防ぐ代わりに、塗膜は外気や紫外線に触れ必ず劣化します。
塗膜の劣化を放っておくと次に木材自体が劣化し始めます。

ですので、塗膜の劣化が認められた場合は再塗装修理は必須となります。

塗膜コンディションが良い場合はメンテナンス剤の塗布のみでも構いませんが、
劣化している場合はメンテナンス剤のみでは間に合いませんので
新たな塗料(オイル、ラッカー、ウレタン等)を塗布する事になります。

ワックス等のメンテナンス剤は塗膜としては弱い為、それを塗布するだけでは再塗装にはなりません。
メンテナンス剤はあくまで日々のお手入れで使用するのが基本的な考え方になります。

塗料を塗布するには必ず下地処理が必要になります。
塗装用語だと(足ツケ)と言ったりもします。
下地処理とは、元の塗装を剥離し、木地を荒らしてあげて塗料の乗りを良くする事です。

この作業なしでは美しい塗装は望めないため、
必ず足ツケをしてから新規塗料の再塗装となります。

私はこの下地処理方法がヴィンテージ家具の再塗装で一番のキモになると考えております。

ではどのようにするかと言いますと、
古い塗膜を剥離剤にて剥離後、もしくは剥離中にサンディングペーパーは使わずに
スチールウールや樹脂製のウールを使い木地処理をする方法が最善、ベストと考えます。

この方法であれば木地を全て剥がす事は無く、尚かつ下地処理もできます。
要するに、古く劣化した塗膜を剥がしながらも木地を侵さず
新たな塗料を塗布できる下準備ができると言う事です。

勿論サンディングペーパーを使わないためシミや傷などは残りますが、
それこそが経年、言わば時代の価値そのものですので、
考え方としては、経年の表情を新たな塗料で再度閉じ込めてあげる、
と言った感じでしょうか。

勿論仕上がりのイメージや好みは人それぞれだと思いますので
ご希望であれば上記のアーコールのようにサンディングまでかけて
ピカピカの仕上がりにも対応しますが、
ヴィンテージの考え方としてこの様な事もあると
頭の片隅にでも置いていて頂ければこれ幸い、です。

長々と真面目に説明してしまいましたが、
家具に限らず、家や車等々、ヴィンテージ品やヴィンテージ修復の概念が日本にも根付き、
永く大切に受け継ぎながら使っていくというムードができていけば
素敵だなあと思う次第であります。


アームチェア修理完了



アームチェアの修理が完了しました。
修理箇所はアーム部です。




ほぼオリジナルと同じ形で仕上げてあります。
アームは部材を3ピースに分けて接合してあるのですが、
接合部の仕口をどの様にするかで思考錯誤することに。

当初は仕口をフィンガージョイント(指が重なり合う様な形状での接合方法)を
ルーターでの加工でで精度良くきればこれからの家具製作に繋げていけるとの思いから
あれやこれやと試してみたのですが、無理があり精度を出すことはできず。
そりゃそうか。。。

やはりフィンガージョイントはホゾ取り機の仕事。
やりたければ設備投資ということになりますね。

フィンガージョイントをあきらめすぐさまサネ加工に変更し、
コツコツとノミによる手加工でサネ部を制作しました。




しかし花梨は硬かった。反り鉋と南京鉋で成形していったのですが
すぐに刃はボロボロになり、削っては研ぎの作業になりました。



こうなってくると永切れする良い刃物が欲しくなってくるのは当然。
そろそろ銘のある刃物を使ってみたい欲求は高まります。
いつもお世話になっている木工機械屋さんのところに船弘という鉋、鑿が在庫にありますので
それを少しずつ導入できればと思ってはいますが、さて、いつ手にできることか。

今年も足早に過ぎ去る予感が既にしていますが
あと2ヶ月弱、実のある年にしたいものです。



堅木と対峙

チェアアーム及びテーブルの破損修理に取り掛かっています。

チェアの材木種は本カリンという南洋材で、非常に堅い木です。
機械の刃物はそろそろ研ぎ直し時期かなと思っておりましたが
今回の修理で使う刃物は終了したら全て研ぎ直しになるでしょう。
手道具は研ぎながらの作業になります。


機械鉋に通したのですが、やはり普段使っているナラ等の木材とは
明らかに硬度が違うのが削っている音や手に伝わる感触で分かります。

制作の多くの過程が手加工となり、複雑な作業になると思いますので
楽しさと不安が半分づつ入り混じりますが、気合が入ります。

話は変わりますが、自宅近くの八幡様でそろそろ酉の市(来月)
が開催される時期になりました。
去年はうっかり熊手を買い忘れたので今年はちゃんと買おうと思ってます。
最近はたまにですが、この八幡様に朝散歩がてらお参りに行ってます。

今までは初詣くらいしかお参りに行く事はなかったのですが、
お願いばかりではなく、感謝しに行く習慣ができるのは心地よいものだと気づいた次第で。
今年のちょっとしたマイ文化革命。


鏡台(修理後)

前回の鏡台修理が終了し、先日納品してきました。


木肌に付着した黒ずんだ汚れが落ちきるかが不安ではありましたが
ほぼ綺麗になり一安心です。

材料の表層材は突き板という薄い木のシートが貼られているものでした。

この突き板というものは、ヤスリ掛けをし過ぎると剥がれてしまうので
作業には細心の注意が必要です。

今回は汚れが結構しつこく残りそうな雰囲気でしたので
まずシンナーとスチールウールでゴシゴシ洗い、
基本機械は使わず手ヤスリでもっていきました。

汚れやシミが残っているからと言ってtoo muchは禁物。
’良い加減’のところで立ち止まるのも勇気です。

黒柿の木目の表情が綺麗です。


ヤスリ掛けで思い出しましたが、このサンディング(ヤスリ掛け)と言う作業、
実はかなり奥が深いんです。

昔働いていた北欧ヴィンテージ家具を扱うお店ではチークの突き板材が多く、
仕事内容はひたすら塗膜の剥離→サンディングの工程を繰り返す
(勿論それだけではありませんが)作業がメインでした。

突き板は薄いので当時はそこまで気にはしなかったのですが、
現在はむしろ無垢材の仕事の割合が増えた為、
木目の方向やヤスリの番手などなど気にせざるを得なくなりました。

木には木目の方向に順目と逆目というものがあり、
基本的には順目に沿ってサンディングするものですが、
順目と逆目は材料の中で複雑に入り組んでいる為
それをしっかりと見極めた上でサンディングしないと
毛羽立ちやサンディング不良の原因になります。

まだまだ会心の一撃的なサンディング面を得られるには道は長いですが
あれやこれやと頭を使いながら作業してマス。


古道具

 

在庫商品の古道具です。
友人が買ってくれたもので、棚板×5枚を新たに作り直し外装は
メンテナンスオイル(howard社のメンテナンスオイル)の後ワックスで磨き上げました。
このメンテナンス方法はご自宅で簡単にできますのでオススメです。

既存の塗料を全て剥がして再塗装すれば勿論見違えるように綺麗になりますが、
剥離せずにヴィンテージ感を残した仕上げも
古いものにしか出せない味があり、なかなか良いものです。

話は全く変わりますが、最近念願のiphone5を導入し、
スマホアプリのinstagramから画像投稿が簡単にできることが判明した為
とりあえず試しにやってみてますが、なかなか調子はE感じ。
やっぱり便利です、アイフォン。


ダメ、ぜったい!


預かった椅子(恐らく英国製)を修理していてあんまり酷かったもので。
もうプンプンです。



これは椅子の接合部分(今回はホゾ、又はダボでした)に
これでもかという位執拗に埋め込まれていた金物です。
これで全部ではなくもっと埋め込まれていたのですが。
ビス、ガンタッカー釘、波釘・・・。出るわ出るは。

正直こんな修理?されていた椅子は、
今までかなりの数を直してきたのですが初めてです。
驚いたと言うか呆れたと言うか。

話を聞くと、どうやらこの椅子を購入した家具屋さんの修理のようで。
金物を見る限りは日本で修理されたのは間違いなさそうです。
びつくりです。



上部の穴にはビスがホゾに向かって斜めに打ち込んであったのですが
強度的にも構造的にも全く無意味な打ち込み方で、これは一体何事?



ビスなど金物を椅子の様な、常に加重があり動く部分に打ち込むと、
木が金属の強度に負け、割れが発生します。
これも既にヒビが入っており、接合部をはずすと
御覧の通り完全に剥がれました。
クヤシーです。

あんまりクヤシーのでアップしました。

もしこれを御覧頂いてる方で椅子にガタつきがあり、
ビスなどを打ち込もうとされている場合は
ちょっと!待ってください。

この先永く使うつもりが無く、次ガタついたら捨ててしまおう
位に考えている場合はともかく
大切に使いたいのであれば、金物は厳禁です。
確実に木部の寿命を縮めますし、修理もし辛くなります。

ダメ、ぜったい。

---------------------------------------------
Three Birds 山田俊太
〒187-0032
東京都小平市小川町1−2406倉庫B
TEL&FAX : 042−345−0169
E-mail : info@three-birds.net
URL : http://three-birds.net
---------------------------------------------






家具のキズ修復

JUGEMテーマ:Three Birdsの家具修理 

ブログが随分ごぶさた・・・。イカン遺憾!

というわけで今回は家具修理についてです。

修理前

デンマーク製ミニキャビネットのミツケ部分です。
家具のエッジ部は特に傷付きやすく、この家具も
傷だらけです。

家具修理前

こんな凹みも良くあります。

家具修理前

天板がタイル貼りになってます。
マスキングテープを貼って養生。

上記にあるようなキズ凹みはアイロンで持ち上げます。
アイロンは家庭用のものを使用します。
キズ部分にたっぷり水を含ませた雑巾をあてがって
高温になったアイロンをジュ〜っと当てて10秒くらい。
当てすぎると木が焼けてしまいますので注意!

すると木の表面が持ち上がってある程度フラットになります。
木の表面が乾いたら手でペーパーがけします。
#180〜240位を使用。

木地が整ったらステイン(スリーバーズではオイルステインを使用)
を他の場所の色と合わせて着色していきます。

ステインが乾いたらオイルで仕上げ。
スチールウールで表面を擦りながら入れていきます。

家具修理後

家具修理後

キズ、凹みも跡形なくきれいになってます。

家具修理後

これで完成!
今回はミツケ部分以外は状態が良かったので
塗料剥離はせずに済んだので
全部で2時間位で仕上がりました。

ただこのように比較的状態の良い家具ばかりではないのが現状。
日本の古道具は比較にならないくらい状態は良くないです。
まあ直しがいがあるということではありますが。
状態の悪いもの程修理後のイメージはがらっと変わります。

因にこの家具は商品ではなく自宅用のものです。すいません・・・。
キズ凹みが分かりやすい症状だった為
せっかくということでアップしました。

家具修理についてのご相談やご依頼、
また商品については

http://yellow.candybox.to/three-birds/postmail/postmail.php

もしくは

info@three-birds.net

までお願いします。

Shunta

---------------------------------------
TEL/FAX : 042-345-0169  
MAIL : info@three-birds.net
東京都小平市小川町1-2406倉庫-B
open : 11:00〜20:00
closed on : Tuesday&Wednesday

※お越しの際はお手数ですがご一報下さい。
---------------------------------------


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM